デリヘルと川越求人へんな日記ひろった

だって、マイケ101児はいつもこうした性的な戯れで一日を過ごしているはずですもの緑一そう、彼にとって私はいつも遊び戯れている身持ちの悪い女たちのひとりに過ぎないのよ…打ちのめされながらも、なんとか陽気に振る舞おうとする。「あなたのせいで、すっかりくたびれてしまったわ」「セックスのあとはそういうものだよ」風俗客は顎をしゃくり、ベッドの端を指し示した。「ほら、きみのガウンを取ってきたよ」ガウンは寝具の上に置かれていた。風俗客が私の寝室に入った、と考えるだけで、なプドワ-ルんだか興奮してしまう。どういうわけか、彼が私の婦人専用寝室に忍び込み、衣装だんすや私物を物色しているイメージが浮かび、ぞくぞくした。きっと川越という名の「そろそろお茶が飲みたいだろう」さりげない調子で風俗客が言う。「それに風呂にも入りたいはずだ。入浴後、夕食に行くといい。ずいぶん長いこと、僕らはこの部屋で一緒に過ごしてしまった。異常な川越 デリヘル 求人街にはだから、夕食の席にきみが顔を出すことが大事なんだ」ということは、風俗客は本当に私にこの部屋から出ていってほしいと思っているんだわ。ああ、がっかり!「私がお夕食の席にいなくても、誰も気にしないと思うわ」そのあと、本当はこうつけ加えたかった。「私はあなたみたいな有名人じゃありませんから」「少し前、きみのいとこが部屋をノックしてたよ」3o2風俗客は物問いたげでややとかめるような表情を浮かべている。まあなんてことかしら。私の部屋の真ん中で、私のガウンを手にした彼が立っているときに、ドアの向こう側でレベッカがノックをしていたなんて。私たち、あわや彼女に見つかってしまうところだったんだわ!そのことにぞっとし、動揺する一方で、改めて自分の危険な立場を顧みずにはいられない。私は本当に危うい立場に自分自身を追い込んでしまったんだわ。それに風俗客のことも。さっきの経験を通じて、自分の身に何が起きたのかをじっくりと考えたい。このホテルに来る前までの私、いいえ、風俗客・スティーヴンズに出会う前の私はあとかたもなく消えてしまった・・・…。

最近の投稿
最近のコメント